こだわり

制服のこだわり

スタイリッシュな蕎麦屋に革新なスタイリングを施しました。とある服飾デザイナーに依頼して、久留米絣(くるめがすり)の綿織物を採用しています。久留米絣は肌ざわりが良い反物として江戸時代の中ごろから一般的に作られました。それまでの綿花は日本では栽培されずに、富裕層にしか手に入らない高級な輸入品でした。当時は斬新な織物だったのでしょう。喜乃字屋では日本の革新である綿織物を忘れることなく、制服にいたしました。

 

  かえし七味本わさび制服そば粉